| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

氷帝日和


テニプリやミュキャスや声優さんの事ばかり書いています♪
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    エクスタシー!
    0

      昨日福岡行ってきました〜!
      めっちゃ楽しかったです「毒と薬」LIVE。
      とにかく今細谷さんが好きすぎてどうしよう。細谷さんホント好き。大好き。←
      これからは4人の白石に翻弄される事になりそうです^^☆
      感想めっちゃ書きたいんですけど、実は今空港にいるんですよね(笑)ちょっと旅行に行くんで…
      なので詳しい感想は又後ほど!!
      日本には8月に帰ってきます。
      古川さんのライブとか、まだお楽しみが待ってますし(笑)


      とりあえず歌った曲だけ載せておきますね♪^^
      順番間違ってますが、曲だけ知りたいという方はどうぞ!
      ※ネタバレ含みます

      ・はじまりは、Ecstasy
      ・クチビル
      ・EVER FREE
      ・No Muda Life〜エクスタシー侍のテーマ〜
      ・マジックミラー
      ・GET STARTED
      ・Song for you
      ・I.ng
      ・go on
      ・カブリエル白書
      ・CLASH!!
      ・スピードスター(タオル必須!!!)
      ・prayer
      ・like bored days
      ・BIBLE
      ・エピローグ
      ・足跡(最後の曲は日替わり?)


      きっかり2時間でした。
      毒の華歌わなかったのが意外でしたが、もしかしたら次の会場で歌うかもしれませんね。
      ホント良いライブだったー!
      細谷さんのMCでのふわふわトークと歌の時のギャップがたまりません。どうしよう私こんなに声優さんハマった事ない…!!
      暫く細谷さん細谷さん言ってると思います。

      |12:37| テニスの王子様・テニミュ・声優・イベント | comments(1) | trackbacks(0) | posted by - -
      スポンサーサイト
      0
        |12:37| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        Comment








        残暑お見舞い申し上げます。破戒です。
        今回もちょっと聞き捨てならぬ話を聞きましてね。ご存知だったらすみません。
        そして、今回は好みの問題と言うか、「社会」とか「職業」とか「生き方」とか、果ては「人間」や「人生」と言うものに対するスタンスによって意見が分かれるかも知れない話でして、故に充分深呼吸をし、決心が固まってからご覧頂きたい所存です。
        ttp://www.ntv.co.jp/program/detail/122235770.html
        ttp://ameblo.jp/kimeru-days/page-11.html#main
        私見になってしまいますが、このような試みを良い目で見ない人も居ます
        人の気の毒な部分を晒し上げ結局は虐待している、見世物小屋と同じ悪趣味な差別だ、
        逆に不幸自慢をしている、同情で気を引こうとしている、可哀相だからと特別扱いを請うている、
        そう言う言い方をする人も居ます。一説によればヘレン・ケラーの時代からあったとの話。
        (そして、実際そのようなために行われる試みも現実には悲しいかな、あります。)
        しかし、私はそれでも彼を評価したい。
        上記のような意見に晒される事が分かり切っている現代社会の中で、それでも「障がい者」としての自分の姿・自分の意見を発信する。
        勇気がなければ出来ない事だと思います。
        本人なんです。しかも25歳の良い大人、勤労歴7年目の立派な社会人です。私のような傍観者でしかない鈍骨に分かる事が分からない事はないでしょう。
        しかし、彼が選んだのは…勇気は讃えられるものでしょう?跡部様(笑…しかし、彼が酷評したのは「無謀」ですからね。)
        番組内容の詳細はこちらでも分からず(すみません…)この手の番組の「成功」のラインが何処にあるかも詳しくないのですが、
        私は、この番組が成功してくれる事、そして、このような勇気ある青年の未来が幸多いものである事を願います。
        posted by 破戒無慚 | 2010/07/27 10:42 AM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://yuuron.jugem.jp/trackback/596
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.